四年制大学編入学試験合格者の声 1 
名古屋外国語大学外国語学部英米語学科 3年次編入学試験合格

私費でのアメリカ留学が私の人生を変えました!編入してより深い教養を身につけます!

2年生在学中 冴香さん (2009年度入学 愛知県立知多翔洋高校出身)

― 短大入学時は、どんな進路を考えていましたか?

出身の知多翔洋高校は総合学科の高校でしたので、進学した友人もいましたが、就職した友人も多かったんです。 私はとりあえず進学を選んで名短に入学したのですが、普通に2年で卒業し、卒業と同時に事務系の就職でもしようかな、 などとぼんやり考えていたと思います。

― 四年制大学への編入学を考え始めたのはいつですか?

実は私、1年生が終わって(2010年4月)から名短を休学して、翌年(2011年)の成人式直前までの約10ヵ月間、 私費でアメリカのカリフォルニア州レドンドビーチに留学したんです。現地にある私立の語学学校への留学です。 そこでの留学体験が、私の進路選択に大きな影響を与えました。 留学中に、もっともっといろんなことを学問的に深めたいという思いが強くなり、 帰国後、編入学することを決意しました。

― なるほど。ではまず留学はどんなものだったのかお聞かせください。

もともと英語圏にいくなら「旅行」ではなくて「留学」がいいなあとは思っていたんです。 でも短大入学したての頃はそういう留学の実行計画なんかは全然ちゃんと考えていなくて、ぼんやりしたままでした。 それが、1年生の後期から始まった進路就職ガイダンス(現在はライフ・デザインという科目)に出席しているなかで、 時間がない!短大在学中に留学するならすぐ行かなきゃだめ!ということに気が付いたんです。 それで、結構急に留学することを決めました。それと同時に、自分は将来何をしたいのか?などを真剣に考え始めましたね。 ただその時はまだ、四年制大学への編入は全く考えていませんでした。

― では、四年制大学編入を決意させた留学中の出来事とはどんなものだったのですか?

私は、大学を休学までして留学したわけですが、その理由はただ単に「英語がもっと上手にしゃべれるようになりたい!」ということだけでした。 でも、留学期間が進むうちに痛感したのは、「英語が上手にしゃべれる」というのは、ただ単に「外国人と英語でやり取りができる」ということではない、 という事実でした。これは、アメリカに留学しなければ、気が付かなかったことかもしれません。

― 具体的にはどんなことですか?

私が留学した語学学校では、英語力が上がるにつれて授業の内容もグレードアップしていき、ディスカッションすることが数多くありました。 そうした授業のクラスメートは、アジア、中東、南米、ヨーロッパなど、世界各地からの留学生で、もちろん全員が英語でコミュニケーションをとります。 ディスカッションのテーマは様々で、例えば「出身国の宗教について」「戦争に対する考え方」や「アメリカ人から見た○○人の印象は●●●なんだが、 その印象は妥当か?」などなど。私は最初、こうしたディスカッションに、全然参加できませんでした。本当に何にも言えないんです。 でもそれは、英語力が足りなくて言葉で説明できないからではありませんでした。ディスカッションのトピックに関する知識がないから、 答えようがなかったんです。ディスカッションに参加できない私は、ホームステイ先に帰ってからインターネットなどでいろいろ調べて次の日に発表したり。 こんな経験が私に、自分に足りないのは「英語力」なのではなく、「ものを考えるための知識」だということに気が付かせてくれました。 「外国語が話せるということは、中身のある話ができることなんだ」とわからせてくれたんです。留学を通して、 もっともっといろんなことに目を向けて、いろんな知識を身につけなきゃ!学問的にいろんなことを深めたい!という気持ちが高まっていきました。

― では帰国後すぐに四年制大学への編入学試験の準備を始めたんですね?

いや、帰国して復学した時には、就職についてももう一度考えたりもしていました。 でも結局編入学すると心に決めたのは先生のアドバイスがあったからです。 「勉強したいと思うのならば編入して勉強を続けた方がいい。」と言われ、やはりその通りだと思って、編入の準備をし始めました。

― 編入学試験の準備はどんなものでしたか?

私は1年間名短を休学したので、編入学を決意した2年生の5月(2011年5月)というと、 入学した時の同級生はみなすでに名短を卒業して就職したりしていたわけなんですが、同じ英コミの友人の一人が、 去年(2011年)の4月に名古屋外国語大学に編入学していたんです。 それで、名外大の授業のことや編入学試験のことをいろいろ聞くうちに、私も名外大に編入しようと思い始めました。 名外大には名短からの指定校推薦の入試制度があったので、まずはそれで受験しようと思い、準備を始めました。 試験は7月(2011年)で、面接がありました。かなり厳しい面接内容でしたが、合格させて頂きました。

― 名古屋外国語大学に編入後は、どんな勉強をしたいと考えていますか?

英語力を向上させることはもちろんですが、今は「国際関係」や「文化」のことに非常に興味があります。 名外大卒業後の具体的な進路希望まではまだ決まっていませんが、とにかく意欲的に学び、より深い教養を身につけたいと思っています。

*学年や所属などは全て取材時のものです。

ページトップへ戻る