保育科のゼミ活動

1年生の「保育基礎演習」、2年生の「保育実践演習」と「保育・教職実践演習(幼稚園)」の科目がゼミ科目にあたります。1年次・2年次とも約15人の学生で1ゼミを構成します。この約15人を大学生活の基礎単位とし、専任教員がきめ細かな指導を行います。ゼミ活動では保育者になってから伸びていくために大切な「自ら課題を設ける」「調べる」「書く」「発表する」「討論する」などの力を養成します。就職の個別指導もゼミ担当教員が責任をもって行います。 現場ですぐに役立つ知識や技術だけではなく、『問題発見能力』『問題解決能力』の養成につとめています。


ゼミ活動の内容は担当の教員やゼミ員の話し合いで決めることも多く、さつまいもの栽培や誕生日会の開催・保育教材の作成など、保育者となった後に役立つ活動を自分たちで企画し、準備から実行までゼミ員で協力して行います。


保育基礎演習 保育実践演習


修了レポートと卒業論文

1年ゼミでは自分の興味のあることについて調べて、修了レポートとしてまとめます。2年ゼミでは5人程度のグループで、保育に関する共通の興味のある問題について調べ、グループで協力して卒業論文としてまとめます。


在学生が修了レポート・卒業論文を作成する際には、こちらのページも参考にして下さい。

ページトップへ戻る