英語コミュニケーション学科の特長

英語を学びながら将来を考える充実した2年間

英語+αを探そう!

英語+αを探そう!

名古屋短期大学英語コミュニケーション学科なら、 私たちが誇るすばらしいカリキュラムの下で、毎日しっかり英語を鍛えられます。 また、2年間の学びは英語だけにとどまりません。 「地域のこと」「異文化のこと」「日本語のこと」「パソコンのスキル」などなど、 国際人として活躍するのに必要なさまざまな知識と技術を深められます。
2年で修了する短大の利点を最大限に活かし、学生が希望するすべての進路を全面的にバックアップします。 就職はもちろんのこと、4年制大学への編入学、提携大学等への学位留学や語学留学、 名古屋短期大学専攻科英語専攻進学といった、すべての進路に対応します。 皆さんの夢を、名古屋短期大学英語コミュニケーション学科で私たちと一緒に叶えませんか?

英語コミュニケーション学科で学ぶ学生たち

英語コミュニケーション学科の学生たちの目標や夢は多岐にわたりますが、夢の実現をスタッフが一丸となってお手伝いします。

私たち英語コミュニケーション学科は、こんな学生達で活気に満ちあふれています。

このように、一人ひとり目標も夢も違う学生が集まっています。そんな中で「自分のやりたいことができるだろうか?」と不安に思うかもしれません が、心配しないでください。英語コミュニケーション学科は、学生と教員の距離が非常に近いため、学生一人ひとりに対する面倒見の良さが圧倒的に 違います。英語コミュニケーション学科では、学生12名程度に対して、専任教員が英語の中心科目を担当しているため、確実に英語の力をつけること ができます。学習の相談はもちろんのこと、就職活動などの進路、アルバイトなどの生活全般の相談まで、全面的に学生生活をサポートします。 また、委員会、サークルなどの活動が盛んなのも特長です。学生会、大学祭実行委員会に代表される委員会、文科系、スポーツ系のクラブやサークル など多種多様な活動が活発に行われています。英語コミュニケーション学科では、あなたのやりたいことが必ずみつかります。

英語コミュニケーション学科がめざす学生像

グローバル化が加速する現代社会においてアイデンティティがしっかり確立した「国際人」の育成が求められています。 大学でのカリキュラム、また課外活動において次のような能力の涵養を念頭に、「国際人」としてふさわしい女性の育成に努めています。

1)国際共通言語としての英語コミュニケーション能力の養成

英語は、英語圏の人々とのコミュニケーションはもとより、英語を母語としない人々とのコミュニケーションにおいても有効なツールです。 しかし、単なるツールとしての語学習得だけでなく、異文化理解、国際社会の多様性理解を通して、他者に対する敬意をはぐくみ、コミュニケーション 能力を養成する必要性があります。このコミュニケーションの基礎力は日本語におけるコミュニケーションにおいても、同様に役立つものです。

2)国際的な視野に基づいて、物事を考える力の養成

国際社会理解を促す講義/講演、異文化を体験する実習を通して、視野を広げ、国際社会を身近に感じ取る感性を養成します。広い視野で物事を考える習性を身につける中で、自己のアイデンティティの確立をめざします。

英語コミュニケーション学科がめざす学生像

3)他者との協力/共存する仲で、目標を達成する力、あるいは問題を解決する能力の養成

クラス活動、ゼミ運営、課外活動を通して、目標を設定し、達成する力、問題を理解し、解決する力が身につくよう指導しています。学生の夢を 実現するサポートもその一環です。このような力は、他者との協力/共存の中でより発揮されるものですから、国際社会の多様性理解と、他者への敬意と寛容の精神を涵養するように努めています。

教員免許状取得を目指そう!

名古屋短期大学には「中学校教諭2種免許状」を取得するための「教職課程」が設置されています。短大在学中の2年間で「教員免許状(英語)」が取得できます。

教員免許状取得に関する詳細は、こちらをご覧下さい

ページトップへ戻る